★Sapporo Christian Group★ Sapporo Biblical Christ Church

 

あなたはだれですか?(真のアイデンティティー)

犬といえば忠犬ハチ公が有名ですが、犬は主人に忠実な動物として知られています。犬が忠実な理由は自分のアイデンティティー(※)を飼い主との関係に置いているからです。

(※) アイデンティティーとは他の誰でもない、これこそが私なんだという「自分を納得させる説明」であり「自分の価値」です。


元々群れでボスに従う習性を持っている犬は、主人をボスと理解し、自分の価値を主人に置き、そしてそれが彼らの生きる意味となっているのではないでしょうか。
ところで、人は自分のアイデンティティーをどこに置いているのでしょうか。多くの人は、自分の価値を外見、能力、学歴、経済力、人間関係の豊かさなどで決まると考えています。
今日、多くの人が自分が何者か、そして自分の価値がわからないのです。その根本的な原因は、自分を造った神様から離れて生きていることにあると思います。

 

 



さて、当たり前の話ですが、便利なスマートフォンもその性能を発揮できるのは人に用いられているときです。もしスマートフォンが地面の上に置き去りにされていたら、何の役にも立ちません。
そして、自分の存在価値が何か自分でいくら考えても答えは出ないでしょう。
同様に、神様に造られた人間も、神様との関係の中で、自分の価値を見い出し、能力を発揮し、人生の満足を得ていくようにできているのです。

神様が人を造った理由は人を愛するためです。その愛を知ると人生がまったく違います。
それを理解するには、実際の親子の関係に当てはめて考えてみると良いでしょう。
今日、多くの人が「自分のことが嫌いだ。」「生きている意味がわからない。」などと考えてしまっています。そのように感じてしまう多くの人は、子ども時代に親から励ましを受けずに育ったり、親から愛情を十分に受けることができなかったりしているのです。
残念なことにそのような心の傷を抱えている人は、思うように勉強が進まなかったり、スマホやゲームにはまるなど誘惑に負けて目標を達成することができなかったりします。



どの国で、どの家庭に生まれるかを選ぶことはできません。それを不公平に感じるかもしれませんが、神様こそあなたの本当の命の源であり親であることを知るなら、その愛によって正しいアイデンティティーが形づくられ、どのような環境で育ったとしても、その後の人生がまったく違ってくるのです。


アン・サリバンは9歳で親を失いとても貧しいの中で育ちましたが、神様の愛と救いを体験し、後にヘレン・ケラーの家庭教師となり歴史に名を残す偉人を育て上げました。
逆にナイチンゲールは大金持ちの娘で何不自由無く育ちましたが、人生に満足することなく、苦しむ人と共に立ち、世界で初めて看護師というシステムをつくりました。


 

この神様との出会い、救いを受け取るチャンスはすべての人にあります。
キリストを信じる人は、神様との間の壁が壊され、神様と親子の関係を築くことができます。そのアイデンティティーは人生のあらゆる問題に対して慰めや解決を与えることでしょう。


「救いを受け取るには」に続く