★Sapporo Christian Group

ENGLISH PAGE HERE

PDF版のパンフレットのダウンロードはこちら

内容に変更があるかもしれません。当日配布されるものが最終バージョンです。

持ち物

・聖書
・上靴
・洗面、入浴用具
・防寒の上着など(夜は冷えるので)
・水筒類
・必要に応じておやつ類
・その他宿泊に必要なもろ物のもの

 

注意事項

受付開始時刻は12時50分からです。入館式、オリエンテーションには必ず出席ください。
送迎のみの方でも事前に申請された車であれば無料で入園できます。しかし許可されているのは30分なので、それを過ぎると日帰り参加としての入園料を請求される可能性があります。特に最終日の解散後は遅れて出発しがちなので、できるだけ終了予定時間以降に来園されることをお薦めします。
施設真横の駐車場は許可を受けた車だけが駐車できます。
部屋割りはあらかじめ決まっていますが、到着順で就寝場所を確保していただきますので、好みの位置を確保されたい方はお早めに到着してください。12時20分以後に受付された方は第1セッション終了後に場所を確保してください。
入館時は団体入り口から入り、靴箱で上履きに履き替えてご入館ください。入管時には部屋割りはわからないでしょうから、とりあえず男性は203から206の番号の靴箱に、女性は101~106の靴箱に入れてください。
入浴時間は2回に分かれています。都合の良い時間帯を選んでください。

食事時に全員でそろって食堂には入ることが求められています。食事の時間前から食堂の前に並んで待機していましょう。
バイキング形式の料理です。お皿に取り分ける時にトレーを持ち上げないで配膳してください。
食事のテーブルは「ファミリーサマーキャンプ」に指定されたテーブルをご利用ください。
リネン室でシーツを受け取って、寝袋の中に敷いてご使用ください。宿泊は簡易マットの上に寝袋で寝ます。
二日目の午後15:40~17:00 の時間帯はお昼寝の時間です。特に小学生以下の子どもが夜まで体力が持つように設けられております。その時間の部屋の出入りは避けて静かにしてください。
二日目の午前のセッション終了時に写真撮影をしますのでエンレイソウに残ってください。
退館日の朝には部屋ごとに清掃し、部屋の責任者は最終点検を行い、全チェック票を事務室に届けてください。

 

その他

・現地は鉄筋コンクリートの宿泊設備で、基本的に男女別の20人定員の部屋に10名ずつ程度
 宿泊することになります。

・寝具としてキャンプ用マットと寝袋が備えられています。
・風呂場に石鹸シャンプーが設置されている以外は各自で準備する必要があります。
・現地に飲み物の自販機はあります。
・車の出入りは7:00~20:00の間でお願いします。
・施設の様子について事前に知りたい方はホームページでご確認ください。
http://sapporo-yamanoie.jp/

 

会場:滝野青少年山の家

広大な国営滝野すずらん丘陵公園内の宿泊施設です。コンクリートのしっかりとした施設です。

宿泊棟は自然の山小屋の雰囲気を残したユニークなつくりです。

滝野すずらん丘陵公園は野鳥のふるさととしても知られております。窓を開ければ手の届くところに歌声が聞こえてくることでしょう。

大自然の中でリラックスし、スピリット、魂、体をリフレッシュさせる良い機会となることでしょう。

インフォメーション

日程:8月13日(月)~15日(水)2泊3日
会場:滝野青少年山の家(札幌市南区)
講師:アルマ・ベルメホ師(ラターレインミニストリー)
料金:未定(昨年は大人8,500円程度、小学生6,500円程度)
詳細は決定後ホームページで告知いたします。
主催:アルマ・ミニストリー・ジャパン
問い合わせ:011-813-3558(岡田)
協力:ICF教会、CFNJ聖書学院、ヘセド611、クリスチャングループ、他